• 介護ホームの介護サービスには多くの種類がある

    歳をとって自分の家で生活できなくなったら、介護ホームに入居しなければなりません。
    介護ホームにはいろいろな種類があり、自分のニーズを満たしてくれる介護ホームに入る必要があります。



    例えば、もし認知症があったら、認知症に対応できるホームでないと入居はできません。現在は認知症の方でも入れるホームがあるのですが、症状が重い方の場合は入居を断られることがあります。
    癌のような深刻な病気が進行して、胃ろうや酸素吸入が必要になる方もいます。


    そのような状態の方だったら、胃ろうや酸素吸入ができるホームに入らなければなりません。



    病院が作った介護ホームや病院が経営している介護ホームだったら、十分な医療のサービスを受けられることが多いです。この種の施設を探すときは、運営している団体にも注目するのを忘れてはいけません。
    ホームの中にはサービスを提供することよりも、利益を追求することに重点を置く場合があります。このようなホームは避けた方が無難です。入居前に見学を念入りにして、そのホームの雰囲気を調べておけば、暮らしやすいホームに入居できるようになります。

    暗い雰囲気があるところや、介護スタッフと入居者の会話が少ないところは避けた方が良いでしょう。入居する前は軽い病気の方もいます。

    そのような方だったら、医療のサービスが手厚いところに入る必要はないと思われるかもしれません。



    しかし、年齢を重ねた方は病気になりやすいので、できるだけ多種多様なサービスを受けられるところを最初から選ぶようにしましょう。